メニューをスキップ

中村吉輝法律事務所 ご相談の流れ

費用について

※ 記載の価格に加えて消費税がかかります

法律相談料

30分 5,000円(当事務所での相談)

※ 出張相談ご希望の方は、別途出張費用をいただく場合がございます

事件処理に関する費用

事件処理に関する費用には、以下の費用があります。

1. 着手金
弁護士が事件を処理することそのものに対して支払う費用で、事件処理の結果(成功・不成功)によらず支払うものです。
2. 報酬
成功・不成功がある事件を処理した場合に、その成功の程度に応じて支払う費用です。
3. 実費
事件処理にあたって発生する収入印紙代、郵便切手代、謄写(コピー)料、交通費、通信費等です。

PAGE TOP

事件の処理方法ごとの費用

特にご相談・ご依頼の多い業務について、費用の具体例をご紹介いたします。
事案の複雑さ、請求する経済的価値の大きさ等によって個別に決定させていただいておりますので、ここでご紹介するのは目安です。
(1)金銭支払請求(交通事故・貸金・慰謝料等)
[ケース]
私は、3年前に知人に対して事業資金として200万円を貸したのですが、返済期限を過ぎて、何度請求しても支払ってくれません。弁護士に依頼して回収してほしいと思っています。
金銭支払い請求の例
弁護士が訴訟(裁判)を起こして全額回収した場合の費用は・・・
着手金(金銭請求) 200万円×10%=20万円~
※ 着手金は10万円を下回らない金額とさせていただきます
実費 3万円程度
報酬 200万円×10%=20万円~
(2)離婚事件
[ケース]
私の夫が、2年ほど前から浮気をしていることが発覚しました。離婚してほしいと言っているのですが、離婚に応じてくれません。弁護士に依頼して、離婚して慰謝料(100万円)も支払ってほしいと思っています。
離婚事件の例
弁護士が家庭裁判所に離婚調停を申立て、離婚及び慰謝料50万円の支払を内容とする調停が成立した場合の費用は・・・
着手金(離婚調停+慰謝料請求) 30万円~
実費 3万円程度
報酬(慰謝料支払) 30万円
(3)債務整理
[ケース]
私は、30年間個人の工務店をしておりましたが、経営が苦しく借入金の返済が困難になりましたので、この度店を閉めて清算しようと決意しました。弁護士に依頼して自己破産手続をしようと思います。
債務整理の例
弁護士が自営業者の自己破産手続の開始決定を裁判所に申立て、裁判手続により債務が全額免責された場合の費用は・・・
着手金(自己破産・事業者) 30万円~
実費 3万円程度
(別途裁判所への予納金として) 23万円
(4)遺言書の作成
[ケース]
私は土地や建物を複数所有しておりますが、死後に子が相続をめぐって争いにならないように、今から遺言書を作っておくことにしました。弁護士に依頼して公正証書での遺言書を作ってもらおうと思います。
遺言書作成の例
弁護士が遺言書の文面を作成し、公証人役場で公正証書での遺言書を作成した場合の費用は・・・
着手金(遺言書作成) 5万円~
(遺贈する相手の数や財産額により異なります。また、別途公証人の手数料がかかります。)

※ 当事務所の弁護士は日本司法支援センター(法テラス)による民事法律扶助制度の契約弁護士ですので、一定の要件にあてはまる方には法テラスをご利用いただくことも可能です。
詳しくは当事務所までお問い合わせ下さい。

※ 当事務所までお越しいただくことが困難な方、遠方の方への出張相談にも伺います(当事務所からの距離により出張料をいただく場合がございますので、詳しくは当事務所までお問い合わせ下さい)。

※ このページでご紹介した費用は一例ですので、具体的な費用のお見積もりについては、ご相談の際に弁護士までお尋ね下さい。

PAGE TOP